詩や本を読みたくなるのは夜?

物思いにふけるのも
静かな歌を聞きたくなるのも
本を読みたくなるのも

個人的には夜なんです。

昨年、静かな夜に詩の作品展ができればより深く詩の世界に入り込めるんじゃないかなという思いから、夜の個展を始めました。

 

 

今年も秋の夜に詩展を開催します

昨年10月に開催した夜の個展詩ルエットから一年。

今年も、小倉城庭園古民家ギャラリーコト場を舞台にして、詩ルエット2018を開催します。

 

夜の詩展 2018 詩ルエット
『一年で三番目くらいに優しい夜。』

 

詩太(うーた)の作品展、略して、詩展(うーてん)。

今年も夜の小倉城庭園と古民家ギャラリーを優しい灯りと詩で彩ります。

満天の空に流星群が輝いた夜、
夜景を眺めながら大切な人と語り合った夜
そんな夜には敵わないかもしれないけれど、
あなたにとって一年で三番目くらいに記憶に残る優しくて温かい夜になりますように。

 

庭園の三夜

 

2018年10月19・20・21日 18:00~21:00
会場:北九州市立小倉城庭園 和室
〒803-0813 北九州市小倉北区城内1-2
入園料:一般800円・小中学生500円(呈茶付)

 

古民家の三夜

 

2018年10月26・27・28日 18:00~22:00
会場:古民家ギャラリー コト場
〒803-0855 北九州市小倉北区竪林町6-16
観覧無料

 

秋の夜に優しい思い出を一緒に作りましょう(^_^)

 

 

 

☆★うたういきものずかんの続編うたういきものずかん2の予約販売をクラウドファンディングで行っています!★☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

詩太 / u-ta

詩太(うーた) 『ヒト・モノ・コト』を『詩・絵・言葉』に変換して伝える詩人・アーティスト 1987年生まれ/福岡県北九州市出身/元保育士 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』ことを目標に、表現・創作活動を行っている。 著書:▪️うたう いきものずかん(2016年)▪️うたう ものことずかん(2017年)