MENU
キムラシンゴ/shingo kimura
作家名:詩太(うーた)
詩人/アーティスト
福岡県出身、1987年生まれ。

6年間保育士として勤務後、詩人・アーティストとして独立。「穏やかな時間」をテーマに、詩や絵や言葉や架空の旅人の物語の創作・表現活動をおこなっている。活動は、アクリル画・デジタルペイント・詩・壁画などの創作、県内外での個展開催、詩集出版、題字制作、ライブペイント出演、講演、子ども向けワークショップ開催など様々。

詩作品に「余白」を残すということ。

作品に「余白」を残す理由

 

ぼくは詩作品を制作する際には
余白(よはく)を残す事を意識しています。

 

 

ここでいう余白
“紙の何も描いてない部分”という意味じゃなくて
“その人なりに想像する余地”
作品に残すという感じです。

どういう事かというと
人によって詩の捉え方が変わるようなイメージで
詩を考えるという事。

 

例えば
この消しゴムという作品。

 

 

どうやったら消しゴムを大切にできるかという想いから
消しゴム目線で人間に語りかけるような詩を書いたのですが

(※その詳しい想いはコチラの記事をご覧ください)

「この詩との出逢いをきっかけに子どもたちが
消しゴムを大切にしてくれればいいな」という
想いだけを込めた詩かというと、

実は、違います

 

子どもへ向けたメッセージとは別に
大人へ向けたメッセージを込めています。

 

この消しゴムに残した余白は、
“誰か”に重ねて想像できる、という余白です。

 

 

 

 

小さくなっていく消しゴム

おじいちゃんおばあちゃんに重ねたり
飼っているペットに重ねたり
介護中の両親の姿に重ねたり
余命宣告をうけた闘病中の大切な人に重ねたり…

ふと、
そんな風に想像を膨らませる人も
いるんじゃないかなと思っています。

 

もしも、
この小さくなっていく消しゴムの姿に
大切な人との残された時間を想像できたなら

この詩との出逢いがきっと
あなたにとって大切な誰か
一緒に過ごせる時間をもっと大切にしようって
改めて思えるきっかけになるんじゃないかな…

という
願いメッセージを込めています。

 

だからこそ、
「うたう いきものずかん」
「うたう ものことずかん」には
【0さい~100さいのあなたへ】
という対象年齢をつけました。

 

 

見る人によって違う「余白」の部分も
感じながら読んでいただけると
嬉しいなと思います。

 


 

制作中の「うたうものことずかん」
お届けはクリスマス

興味を持っていただけた方は
コチラからご予約・ご支援をお待ちしています

[btn class=”simple”] 「うたう ものことずかん」制作プロジェクトページ[/btn]

 

「うたういきものずかん」はコチラからご注文いただけます。

[btn class=”simple”] 「うたう いきものずかん」ご注文フォーム[/btn]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share it

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください