MENU
キムラシンゴ/shingo kimura
作家名:詩太(うーた)
詩人/アーティスト
福岡県出身、1987年生まれ。

6年間保育士として勤務後、詩人・アーティストとして独立。「穏やかな時間」をテーマに、詩や絵や言葉や架空の旅人の物語の創作・表現活動をおこなっている。活動は、アクリル画・デジタルペイント・詩・壁画などの創作、県内外での個展開催、詩集出版、題字制作、ライブペイント出演、講演、子ども向けワークショップ開催など様々。

Story『弱さと共に強く在る』

3月3日、
一件の依頼が入った。

 

きっかけはInstagram
神奈川県在住の方だった。

 

「結婚して親元を離れるので、
両親へ家族全員の名前で書いた作品を贈りたい。」

 

作品の打ち合わせに入り、
家族構成を尋ねた。

 

父、母、姉(依頼主さん)、弟…の4人家族

だったそうだ。
5年前までは。

 

弟さん、
5年前に19歳という若さで
不慮の事故で他界されたという。

 

メールの本文には、

残された家族3人が
ある日突然真っ暗闇
突き落とされたこと、

それでも、
家族で支えあって
5年たった今、
笑い合えるようになったことが
綴られていた。

 

軽はずみな言葉は書けない。

 

両親の5年間の想い、
姉の想い、
弟が今伝えたいこと、

 

その見えない部分
思考を広げていく。

すると、
いろんな想いが溢れてきた。

 

「昔、家族や友達と語りあった未来には、
当たり前の様に“4人”の家族がいただろうな」

 

「家族そろって迎える今が
一番幸せなのは間違いない。
でも、
きっと形は違っても
1人欠けた今でしか
気が付けなかった事が
あるんじゃないかな?
それは、
命の大切さだったり、
人の優しさだったり、
家族の絆だったり…するんじゃないかな?」

 

「きっとさみしさは消えない
反抗期だった弟とのケンカの思い出も、
伝えておけばよかった…
という後悔もきっとあふれてくるんじゃないかな」

 

「そんな、さみしさ後悔
強がりに似た強さを持って
5年間生きてきたんじゃないだろうか。」

 

依頼の作品は
名前で綴る言葉として
お届けしたのだけど、

 

そのあとも
このご家族の事を思いだしては
あれやこれや考えてたら

 

浮かんできたフレーズがある。

 

そのフレーズから
イメージを広げて書いた
この詩は、

家族を亡くし、
それでも強く
たくましく生きる
ご家族から学んだ、
大切な想いです。

【弱さと共に強く在る】

弱さと共に強く在る  /   詩太

 

 

昔、だれかと共に思い描いた未来とは

違う「今」があって

でも、きっと

そんな「今」でしか

気付けない大切な事があって

時々あふれてくる

後悔やさみしさと一緒に歩いていくんだ。

仕方ないんだって

それでいいんだって

自分の心とケンカして

強く強く生きていくんだ。

 

2015.6/8  詩太

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share it

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください