詩人なのに「詩集」ではなく「図鑑」を作ろうと思った理由~その1~

それは、

自分の手を離れたあとの姿がハッキリと思い浮かんだからです。

 

 

本当は…

 

ずっと詩集か作品集を作りたいと思っていました。

どんなのにしようかずっと考えていました。

20150602_1500342

ハッキリとイメージが浮かばないまま
印刷会社のデザイナーさんとやり取りを始めたのが
4月の事。

 

制作をスタートさせてしまえば
良い案がひらめくと思ったからです。

 

でも、

 

想像すればするほど自分の中で違和感を感じ始めました。

 

こんな詩集にしようって事はイメージできたけど、
その詩集が完成して手元を離れた後のことがぼんやりとしかイメージできなかったんです。

 

イメージできたのは、
大人が一人で静かに詩集を読んでいる姿、
その表情に涙はあっても笑顔はなかった。

1462323173731

 

感動してくれる人も中にはいるかもしれないけど、
自分は、
そんな景色が見たいのか?
そんな詩集が作りたいのか?

 

モヤモヤと考え続けて、

自分の自己満足のために詩集を作ろうとしていたことに気が付きました。

 

印刷会社さんから見積もりを出してもらった時から
製作費はクラウドファンディングで募ることを考えていたので
やっと自分の中の違和感の理由に気付きました。

 

自己満足のために詩集を作るのに
クラウドファンディングで資金を募るなんてアホか!です。

 

制作スタートを
思いきれない理由はここにありました。

 

そのことに気付いてしまってから
完全に詩集制作から心が離れていきました。

 

・・・。

・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

1日1日と過ぎ

季節はすっかり夏になっていました。

 

photo_20160704_131815.jpg

 

詩人なのに「詩集」ではなく「図鑑」を作ろうと思った理由~その2~~に続く

 


 

■図鑑制作に向けてご支援をお考えの方はこちらからよろしくお願い致します■

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    詩太 / u-ta

    詩太(うーた) 詩人・アーティスト あとりえ~温~ 代表 1987年生まれ 北九州市在住 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』 『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』 ということを目標に、表現・活動を行っている。 また、元保育士の経験を活かし、 子どもの将来を支える幼少期の[意欲・好奇心]に火をつけるため【書×こども】という活動を行っている。 死ぬまでにどれだけの人に感動・喜び・温もりを与えられるか挑戦中。