【雨】映像×詩

 

【雨】

傘をさしてひとり歩いてみた
雨の音がこんなに心に響くなんて
今なら聴こえなかった音(こえ)が聴こえるよ
この雨が
傷も記憶も後悔も
全部洗い流してくれればいいのになぁ。

 

 

■2009年に“恋は盲目”をテーマに書いた詩です。
周りの声が聴こえるのは、言葉の意味に気付くのは、
きっとすべてが終わって、ふと冷静になってから。

 

詩太 2016.6/16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

詩太 / u-ta

詩太(うーた) 詩人・アーティスト あとりえ~温~ 代表 1987年生まれ 北九州市在住 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』 『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』 ということを目標に、表現・活動を行っている。 また、元保育士の経験を活かし、 子どもの将来を支える幼少期の[意欲・好奇心]に火をつけるため【書×こども】という活動を行っている。 死ぬまでにどれだけの人に感動・喜び・温もりを与えられるか挑戦中。