MENU
キムラシンゴ/shingo kimura
作家名:詩太(うーた)
詩人/アーティスト
福岡県出身、1987年生まれ。

6年間保育士として勤務後、詩人・アーティストとして独立。「穏やかな時間」をテーマに、詩や絵や言葉や架空の旅人の物語の創作・表現活動をおこなっている。活動は、アクリル画・デジタルペイント・詩・壁画などの創作、県内外での個展開催、詩集出版、題字制作、ライブペイント出演、講演、子ども向けワークショップ開催など様々。

『まいっか』生きるのが楽になる魔法の言葉

 

 

 

まいっか

 

「けんかしちゃった…」

「あのおもちゃ使いたかったのに…」

「失敗しちゃった…」

「ほんとはしたかったのになぁ…」

「怒られちゃった…」

 

そんな時は、

まず一言こうつぶやくんだ

「まいっか」

 

考えるのはそれからそれから。

まいっかのすすめ

 

 


 

 

何が言いたいかっていうと
悩んだり落ち込んだりすると
なかなか気持ちの切り替えが
出来ない人(こどもを含め)を
よく見かけるんだけど

やっぱり
気持ちの切り替えは
早いに越したことはない
と思うんです。

そこで、

私が昔から実践しているのが
いやなことがあったら
とりあえず
「まいっか」ってつぶやくこと。

ただそれだけです(笑)

「まいっか」のあとは
「明日があるさ~」でも
「もう一回してみよーかな」でもいい。

不思議なのは
「まいっか」のあとには
プラスな言葉しかくっつかないってこと。

だから、くよくよ悩む時間が
減っていきます。

落ち込んだ気持ちが
少し楽になります。

 

「まいっか」

 

試してみませんか??

 

2015.7/9 詩太

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share it

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください