『ささくれ』この手は心臓に繋がっている

手

ささくれ

手

 

中指の先に
小さなささくれが刺さった

目を凝らさないと
見えないくらい
小さなささくれ

抜こうと指をぐっと押さえた

その時だ

中指の痛みと同時に
心臓がピキッと痛んだのは

もう一度中指を押さえて
確かめてみる

やっぱりピキッと心臓に響く

そうか
指先と心臓はつながっているんだ
手をつないで感じる温もりも
そっと触れた赤ちゃんのほっぺの温もりも
手書きで綴る手紙の温もりも
人をたたいてしまったあとの心のズキズキも

指先と心臓がつながっているからなのか

命の鼓動が
心の温もりを
指先に伝えているからなのか

 

 

2015.6/28 詩太

手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

詩太 / u-ta

詩太(うーた) 『ヒト・モノ・コト』を『詩・絵・言葉』に変換して伝える詩人・アーティスト 1987年生まれ/福岡県北九州市出身/元保育士 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』ことを目標に、表現・創作活動を行っている。 著書:▪️うたう いきものずかん(2016年)▪️うたう ものことずかん(2017年)