story『言葉の温度』

言葉の温度

【 言 葉 の 温 度 】

「○○ちゃんは、耳がわるいんやない!聴こえにくいだけ!お母さんいじわる言わんで!」

当時まだ3歳児の男の子がお母さんに言った一言です。

保育士時代の、忘れられないエピソード。

初めて主担任をさせてもらった3歳児クラスには、
2歳児の頃に入園した先天性難聴の女の子(Aちゃん)がいました。

Aちゃんと日々一緒に過ごすうちに、
子どもたちのAちゃんに対する関わりかた
少しずつ変化があらわれてきました。

【顔をのぞきこむように視線をあわせて、口を大きくあけてゆっくりと話しかける。】

保育士の関わりを見て学んだのかもしれないけど、
毎日一緒に過ごすなかで、
まだ3歳の子どもたちが、
Aちゃんはそうやって話しかけると聞き取りやすいんだと気付き、
自然と実践できるようになっていきました。

そして、

年度も終わりに近づいてきた2月。
個人懇談会でのこと。

クラスの男の子(Bくん)のお母さんと懇談で話していて、
「Bくん、すごい優しいですよね~」と伝えたとき、
「そういえば…」と、お母さんがお家でのエピソードを教えてくれました。

お迎えの時にAちゃんの耳に補聴器がついてることに気が付いたお母さんが、
お家に帰ってから何気なくBくんに
「Aちゃんって耳がわるいとー??」とたずねたそうです。

すると、
Bくんが急に怒って
「Aちゃんは、耳がわるいんやない!聴こえにくいだけ!お母さんいじわる言わんで!」
と言ったんだそうです。

その話を聞いたとき、
ずっと伝えてきたことが子どもたちにしっかり伝わってるんだ、
ちゃんと心が育ってるんだと嬉しくなって、
涙が出そうになりました。

身体が不自由な人のことを
「耳がわるい」「目がわるい」「足がわるい」
悪気があるわけじゃなく、
何気なく言ってしまってる人も多いと思います。

確かに本人は何も「わるくない」ですよね。
ただ、「聴こえにくい」だけ。

同じことを表現している言葉だとしても
「耳がわるい」と「聴こえにくい」じゃ、
言葉の温度が違う。

相手に対しての思いやりが違う。

その事に3歳で気付けたBくんは、
きっとこの先、
障がいをもった人と出逢ったとき、
自然体で優しく接する事ができるだろう。

障がいをもった子どもと健常児を一緒に保育することを、
[統合保育]と言うのだけど、
子どもにとってはそんなむずかしい用語は関係ない。

だって、子どもたちにとっては誰でも一人の仲間であり友だち
保育士が導いていく必要もあると思うけど、
子ども同士のかかわりの中で自然と大切なことを学んでる。

ね、保育園って素敵なところでしょ??

この事があってからより一層、
相手に対しての言葉選びを考えるようになりました。
いつまでも言葉の温度を大切にしたいな。

言葉の温度

2015.6/16 詩太

言葉の温度

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    詩太 / u-ta

    詩太(うーた) 詩人・アーティスト あとりえ~温~ 代表 1987年生まれ 北九州市在住 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』 『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』 ということを目標に、表現・活動を行っている。 また、元保育士の経験を活かし、 子どもの将来を支える幼少期の[意欲・好奇心]に火をつけるため【書×こども】という活動を行っている。 死ぬまでにどれだけの人に感動・喜び・温もりを与えられるか挑戦中。