MENU
キムラシンゴ/shingo kimura
作家名:詩太(うーた)
詩人/アーティスト
福岡県出身、1987年生まれ。

6年間保育士として勤務後、詩人・アーティストとして独立。「穏やかな時間」をテーマに、詩や絵や言葉や架空の旅人の物語の創作・表現活動をおこなっている。活動は、アクリル画・デジタルペイント・詩・壁画などの創作、県内外での個展開催、詩集出版、題字制作、ライブペイント出演、講演、子ども向けワークショップ開催など様々。

才能はオマケ。それ以上に大切なことがあるんじゃないかな?

才能がある事自体がすごいんだろうか?

いや、ちがう。

根本的なことが抜けてる。
みんなスタートは赤ちゃん、

平等だ。

よーいどんで始まった人生のはず。
たとえ今現在、

才能を見出していたとしても

一番初めに

無限にある選択肢の中から

1つを選んで、とりあえず

“やってみた”瞬間があったはず。
ぼくは、

その“やってみた”という行動自体が

“才能がある”事よりも

何倍も価値があると思ってる。
それがなかったら

才能にも気付けてないからだ。
才能がないならしてはいけないって

誰が決めた?
絵が下手だって

絵を描くのが好きなら

描いたらいいんだ

その

何でも“やってみる”という行動を

とれる人が

自分の才能や価値を

見出だすチャンスを

与えられるんだ。
たぶんね。
才能は、オマケ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share it

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください