夜の詩展「詩ルエット」を長々と振り返って~軌跡と奇跡とありがとう~

始まりは4月下旬。

 

「詩ルエット」

このワードを思いついた瞬間に
すべてが動き始めた。

本当は、夏頃に
光と詩の詩展をしようと思っていました。

 

でも、
「詩ルエット」というワードを
ひらめいた瞬間から
アイデアと構想が溢れてきて
我慢できずに
5月に開催することを決め
先に告知したのでした。

 

 

会場は
アトリエのとなりの古民家。

 

もちろん作品展を行えるような状態ではなかったので
これを機にリノベ―ションして
古民家ギャラリーとして
生まれ変わらせよう!

そう決めて、
まずは会場づくりを開始。

この段階で
詩ルエット開催まで残り3週間

間に合うのか…?!
いや、間に合わせるんだ。

 

ピンチをチャンスに変えろ!

 

壁をペンキでぬりぬり
天井をペンキでぬりぬり

コツコツ作業していた時の事
リノベに大きな転機が訪れます。

 

屋根裏ってどうなってるんだろう?

 

ちと覗いてみるとそこには
それはそれは立派な
梁(はり)があるではありませんか。

仲間からの提案に
ワクワクしたので
その日のうちに
天井をぶち抜き
数時間後には
こうなってました…。

 

 

 

おぉ!立派な梁が素敵な感じ!
天井も高くてスゴイ解放感!

めでたし
めでた…し…
ん?

あれ?

よく見ると、
ボロボロ…
所々、木が腐ってるような…
土落ちてきそう…

そうです。

やはり築70年もたった古民家
傷んでないわけなかったのです。

でも、
後悔しても仕方がない!

こうなったらしっかり補修して、
その他もしっかり改装して

最高の古民家ギャラリーを作って
詩展を開催しよう!

そう決意しました!

 

 

5月、「コト場」が生まれ変わる。

 

本気のリノベの為に
クラウドファンディングでご支援を募ったところ
まさかの25時間で目標金額を達成

ただただ感謝です。

※パトロンの皆様へ…
リターンの発行は順に行っていますので
もうしばらくお待ちください(^^)

また、facebookで呼びかけ
たくさんの方々から
資材や機材を提供していただきました。

 

コワーキングスペース秘密基地のオーナー、
岡さんからは
木材・照明機材・防犯カメラ(笑)・
ディスプレイ用のでっかい什器(通称:アルマーニ)等…
6tトラック1杯分のいろいろなものを提供していただきました。

 

 

本当にありがとうございました!

そして、こうすけさんゆりさんりゅうくん
一緒に運んでくれてありがとうございました!

 

黒崎コワーキングスペースAGITEのオーナー、
時松さんからはセレナ1杯分の大量の木材・機材を提供していただき
さらには連日深夜までリノベを手伝っていただきました(T_T)

ほんと、感謝しかありません!

 

 

ショベルカー登場
(※操縦はいつもいつも手伝ってくれる最高の仲間りゅうくん、ありがとう!)で
花壇は掘り返すとこから始めて…

 

 

連日、仲間が手伝ってくれました。

深夜の作業…
トッキーさんありがとう(T_T)

 

さてここでクイズです。
彼の職業はなんでしょう?

そうです。
正解は、保育士です(笑)

藍島にある保育所で働いてます。
優しい最高の保育士です。

いつもいつも手伝ってくれる最高の仲間。
まるちゃん、ありがと。

セレクトショップ我流オーナーの山口さん
夜遅くに駆けつけてくれました(T_T)
感謝です!

 

笑顔の天使
金村さんからの差し入れの
団子で乾杯。

右に写ってる中村さん
連日朝から晩までお手伝いしていただいた方。
毎朝のぞきに来てくださって
精神的支えでした(T_T)
感謝です。

 

花壇に花を植えてくれた
お花屋さんは
ワーキングホリデーで
今頃、オーストラリアにいます(^_^)
ファイト。

 

※左から2番目に写ってる友達のたかさん

和いん処 凜RIN Kaji-Machiという
超オシャレで美味しいお店を
鍛冶町にオープンしました(^-^)
よかったらぜひ!

 

リノベ期間中に
イッセーさんが取材に来てくれたり…
ってこともありました(笑)

 

 

 

とにかく
屋根の補修が大変のなんのって…

 

 

 

元々あった
障子を色付きの和紙に張り替えて
ステンドグラス風に。

 

 

 

 

看板制作は、
ぎりっぎりになっちゃって
制作時間1分…

 

 

 

 

開催前日、
RKBのニュースで取材に来てくれた
西口さん。

詩ルエット期間中にも
ランニングで駆けつけてくれました(笑)

 

こうして、

たくさんの方に協力してもらい

リノベーションして新しく生まれ変わった

コト場

 

そのコト場で
初めて開催したのが

詩展「詩ルエット」。

 

 

ニュースにも取り上げていただき、

 

無事に初日を迎えることが出来ました(^^)

 

詩ルエットで作りたかった空間

さてさて、今回、
詩ルエットの会場をデザインするにあたって

『どこを切り取っても画になる空間』
というのをイメージして
作っていきました。

もっと簡単に言うと
『写真に撮った時に素敵な感じに映る空間』
とか
『写真を撮りたくなる空間』
とかかな?

流行りの言葉で言うと
フォトジェニックな空間(笑)

 

 

 

その結果こんな空間が出来上がりました。

※ご来場者様が撮影してくださった動画です。

 

 

 

 

秘密基地のおかみさんが
この空間の事を
ブログでこんな風に紹介してくださいました(T_T)

↓※画像をクリックでブログにとべます。

せっかくなら
その空間で撮った写真の
コンテストを開催したら面白いんじゃないか!?

と思い

詩ルエットフォトコンテストを開催しました!

 

エントリー40名、112作品!

たくさんの方から
エントリーしていただき
ほんとにほんとに
素敵な写真のアルバムが
完成したのでした(^_^)

フォトコンテストの結果は、コチラ☆

受賞作品の他にも素敵な写真がたくさんあるので
ぜひ一度アルバムをご覧ください(^-^)

「詩ルエット」フォトアルバム

 

 

324名

こうして、
たくさんの方に助けてもらいながら
いろんな課題を越えて
駆け抜けた1ヵ月。

詩ルエットには

毎日途切れることなく
お客様にご来場いただき

5日間で324名の方が
ご来場してくださいました。

ご来場してくださった方々
手伝ってくれた仲間
協力してくれた方々
支援してくださった方々

本当に本当に
ありがとうございました!

誰よりも幸せを
感じさせてもらったのは、
間違いなく僕でした。

 

これからも活動は続いていきます。
いろんな事に挑戦していきます。
一緒にワクワクしてください。
一緒に夢をみさせてください。

これからも
よろしくおねがいします!

次はこんなことします。

 

感謝を込めて。

詩 太

 

 

※おまけ

こんなカッコいい
スタイリッシュ蚊取り線香入れ
見たことある?(笑)

岡さん、大切に使います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

詩太 / u-ta

詩太(うーた) 詩人・アーティスト あとりえ~温~ 代表 1987年生まれ 北九州市在住 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』 『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』 ということを目標に、表現・活動を行っている。 また、元保育士の経験を活かし、 子どもの将来を支える幼少期の[意欲・好奇心]に火をつけるため【書×こども】という活動を行っている。 死ぬまでにどれだけの人に感動・喜び・温もりを与えられるか挑戦中。