MENU
キムラシンゴ/shingo kimura
作家名:詩太(うーた)
詩人/アーティスト
福岡県出身、1987年生まれ。

6年間保育士として勤務後、詩人・アーティストとして独立。「穏やかな時間」をテーマに、詩や絵や言葉や架空の旅人の物語の創作・表現活動をおこなっている。活動は、アクリル画・デジタルペイント・詩・壁画などの創作、県内外での個展開催、詩集出版、題字制作、ライブペイント出演、講演、子ども向けワークショップ開催など様々。

『まずは「無理」の意味を知るだけでいい』

まずは『無理』の意味を知るだけでいい

 

「してみたい」と思った

 

まわりの人は「無理だ」と言った

 

まわりの人に

無理じゃない理由を説明する時間なんて

もったいないから

とりあえず進んだ。

 

ある時、ふと思った。

 

「無理」ってなんだ?

 

辞書には

“するのが難しいこと”

“道理にあわないこと”

と書いてあった。

 

そうか

だから「無理」って言われると燃えるのか

 

「するのが難しいこと」に挑戦するのが楽しいんだ

「誰かが作った道理」に頼らないから楽しいんだ

 

「無理」は「不可能」ではないんだ。

 


 

 

先日、探偵ナイトスクープというTV番組で

衝撃的な動画を見つけました。

 

簡単に説明すると

5歳の男の子が

大阪府から三重県のおばあちゃん宅まで自転車で行く

というもの。

 

その距離なんと160㎞。

 

小学校入学前の5歳の男の子の挑戦。

ぜひ見てください。

 

 

無理そうだから…と挑戦しないこと自体が恥ずかしいことのようにさえ思えてしまいます(^^;

 

2015.6/9 詩太

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share it

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください