MENU
キムラシンゴ/shingo kimura
作家名:詩太(うーた)
詩人/アーティスト
福岡県出身、1987年生まれ。

6年間保育士として勤務後、詩人・アーティストとして独立。「穏やかな時間」をテーマに、詩や絵や言葉や架空の旅人の物語の創作・表現活動をおこなっている。活動は、アクリル画・デジタルペイント・詩・壁画などの創作、県内外での個展開催、詩集出版、題字制作、ライブペイント出演、講演、子ども向けワークショップ開催など様々。

「うたう ものことずかん」まえがき&前半19ページ公開&レターポット決済(的なもの)始めました!

まえがき&前半19ページ公開します!

「うたうものことずかん」
博士でも学者でもなく
詩人が作る図鑑詩集を合体させた本です

どんな想いで新作「うたう ものことずかん」を作ったのか、
そして《もの・こと》の図鑑ってどういう本なのか、
まずは知っていただきたいので
全96ページの内

【まえがき】【もくじ】【6~19ページ】公開します。

良かったらご覧ください(^_^)

 

 


まえがき



この本と出逢ってくれたあなたへ

物を大切にするってどういうことだろう?
自然を大切にするってどういうことだろう?
人を大切にするってどういうことだろう?

この答えを人に伝えるのってとても難しい気がします。
人それぞれ生きてきた環境も違えば、考え方も違うからです。
もしかするとその正しい答えなんて無いのかもしれません。
ただ、ひとつだけ、
確実に持っておいた方がいいだろうなと思う力があります。

それは《想像力》です。

「大切にする」っていう行動の前には必ず
「興味を持ち背景を想像する」という
段階が必要だと思います。

「これはどんな人が作ったんだろう」と想像できたら
自然とそれを大切に扱うだろうし、
「あの人ってどんな気持ちだろう」と想像できれば
きっと人に優しくできる。
「これを言ったら悲しむだろうな」
「これをしたら傷つくだろうな」と

先に想像できる人は
きっと最初から人をイジメたり傷つけたりしない。

そんなことを思うのです。

この【うたう ものことずかん】には、
自然にあるもの、
人が作ったもの、
自然に起こること、
人が起こすこと
もしも、そんな身の回りにある
《もの》や《こと》に心があったら
「どんな気持ちだろう?」「どんなことを言いたいだろう?」と
想像を膨らませて綴った 《詩や言葉》と一緒に
《イラスト》をギュッと詰め込みました。

この本との出逢いが、
いろんな物事を想像してみようと思えるきっかけになれたなら
最高に嬉しいです。
くり返し想像することで想像力は育つと思うから。

親子で一緒に、一人でゆっくり、
様々なシチュエーションで
思い思いに楽しんでいただければ幸いです。
あなたとあなたの大切な人にとって
かけがえのない一冊になることを心から願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半には、いろんな《こと》の詩がたくさん登場します。
全96ページにぎゅっと詰め込んだ詩と想いを受け取ってください(^_^)

下のご注文フォームページからご注文いただけます。
ご注文お待ちしています。

 

 

 

レターポット決済(的なもの)はじめました!

レターポット(200レター)
「うたうものことずかん」を購入できます!

レターポット感想または続きが読みたい想いを贈ってくれた方には
「うたうものことずかん」を郵送で贈ります。

レターポットでの購入方法

200レター以上詩太レターポット宛『ご感想または続きが読みたい想い+郵送先・宛名』を贈ってください。

[btn class=”big”]詩太 レターポット[/btn]

通常2000円で販売している「うたうものことずかん」を、
200レター(1080円相当)という設定にした理由は、
文字や言葉を贈るという事に、
現金の倍くらいの価値を感じてるからです。

 

※レターポットって何?って方はここらへんの記事を読んでいただければなんとなくわかるかと思います。

https://camp-fire.jp/projects/view/48069

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share it

コメント

コメント一覧 (2件)

  • とっても素敵な温かい絵本クリスマスプレゼントの贈り物にしたいです。

  • 寒〜い冬なのに春が来たみたいに心がぽかぽかです。言葉ってすごいですね。想像できるって幸せですね!

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください