『ものこと図鑑』300冊の「寄贈先」と「届け方」を一緒に考えませんか?

8ヵ月前の話…

 

昨年の12月に出版した
『うたういきものずかん』という
詩集のような図鑑。

 

ぼくは、
詩人に転職するまでの6年間
北九州市にある保育園
保育士として勤めていました。

 

だから
『うたういきものずかん』
を出版した際、
お世話になった
北九州市の保育の世界への
恩返しとして、
北九州市保育所連盟に加盟している
全163カ所の保育園(所)
1冊ずつ寄贈しました。

 

ただ、結果的に
少し残念に思ってることがあって 、
それは、現場の保育士さんから
こんな声を聞いたからでした。

 

「うちの保育園には回ってきてないですよ」

 

悲しいことに
1園や2園じゃなくて、
結構聞きました。

 

現場の保育士さんや
園の子どもたちに見てほしくて
寄贈したのに
現場までは届いてない本が
いくつもあるってことです。

 

 

 

 

原因は他の誰でもない
自分自身の届け方にありました。
それは、

 

“北九州市保育所連盟に163冊まとめて預けて
施設長会で各施設の園長先生に配布してもらう”

という届け方をしたからです。

 

だから、
各施設の園長先生には
直接自分
恩返しの想い
いきものずかんを作った想い
伝えたわけでもなければ
手渡しをしてもないのです。

 

月一のたくさんある配布物と一緒に
ただの配布物の1つとして
配布されたのだと思います。

そりゃ、
園長先生が興味を持たずに
現場におろさないのも
仕方のない事です。

 

ぼくは、
最後の最後で
届ける努力
怠ったんです。

これが一番の反省です。

 

 

本題に入ります

 

現在、クリスマスの出版に向けて
2作目の詩集のような図鑑
『うたう ものことずかん』
制作をしています。

どんな本になるかは
こちらの記事を参考にしていただければと思います。

 

 

まだまだ制作真っただ中ですが、
今回も無事に完成したら、
どこかに寄贈しようと考えています。

前回の反省を活かして
どこどれだけ寄贈しようかなと
考えていました。

 

そんな時、ふと
「うたういきものずかん」を出版した際、
購入された方々の中に
素敵な動きがあったのを思い出しました。

 

『○○に寄贈しました!』っていう声が届いた事です。

 

たくさんの人に読んで欲しいと
自腹で買って寄贈したり
人に贈ってくれた人がいたのです。

何人も。

 

 

ぼくの気持ちだけじゃなくて
みなさんの
その気持ち
大切にすべきだと思いました。

 

 

だから、決めました。

 

決めたことは2つ。

 

①「うたう ものことずかん」の完成本を300冊寄贈する事。

そして、

②その300冊の寄贈先と届け方を
パトロンの方々と一緒に考えて決める事。

※パトロン・・・CAMPFIREというクラウドファンディングサイト上での支援者のことです。

 

簡単に言うと、
300冊の寄贈先の内訳

どうやって届けるかという事を
ものこと図鑑制作プロジェクト
支援してくださった方々(パトロン)と一緒に
話し合って決めることにしました。

 

パトロンの方々のご支援があって初めて完成できる本なのだから
寄贈先も一緒に考えることは当然と言えば当然でした(^-^;

 

気付くのが遅くてごめんなさい。

 

話し合いを実現させるためには、
パトロンの皆さんとオンライン上で話し合う場所が必要なので
facebookでこんな非公開のグループを作りました。

※このグループは完全非公開です。
話し合った内容は、ぼくとパトロンのメンバーだけで共有します。

 

ということで、
パトロンの申し込みをしてくださった方々は、
こちらの「うたう ものことずかん」パトロン会議室グループに
参加申請してください!

こちらで把握できている方には
ぼくの方からメンバー追加させていただきます。

届けたい人へ届ける方法を
一緒にあれやこれや話し合いましょう(^_^)

よろしくお願いいたします!

 

ちなみに、
「うたう ものことずかん」パトロン会議室
スマホのホーム画面に追加すると
ちっちゃい「MOMO消しゴムくん」
出現するらしいです(笑)

 

 

パトロンの申し込み(ご支援)はコチラからよろしくお願いいたします!


詩人が作る今までにない図鑑《第2弾!》モノ・コトの想いが詰まった【ものこと図鑑】

 

ご支援の流れ

campfireの「ものこと図鑑」制作プロジェクトページ

②ページの右側にある「プロジェクトを支援する」というボタンをクリック

新規会員登録をする(登録無料)
新規会員登録ページでメールアドレスを入力し、メール送信ボタンをクリックしてください。
その後に受信したメール内にあるリンクをクリックしていただくことで会員登録が完了します。
※もしメールが届かない場合は、迷惑メールをご確認いただき【@camp-fire.jp】からのメール受信を許可してください。

④【プロジェクトを探す】から再度「ものこと図鑑」を検索し、もう一度プロジェクトページへ

⑤リターンを選択し、一覧ページでご希望のリターン内容にチェックが入っていることを確認して、コメントを入力(任意)します。

クレジットカード払い、コンビニ払い、銀行振込、Paidy払いの中からお支払方法をお選びください。
利用規約とガイドラインに同意して「お支払い画面へ」ボタンをクリックしてください。

パトロンの申し込み完了
プロジェクト完了まで活動報告をメールで送りますので、楽しみに【ものこと図鑑】のお届けをお待ちください!
※12月25日前後にお届け予定です。ご支援ありがとうございました!

300冊の寄贈先を話し合う「うたう ものことずかん」パトロン会議室へ参加申請をしてください。

■ご支援方法がわからない場合は個別にお伝えしますので070-5277-1738(詩太)までお電話ください!■

 

ご支援金額が目標金額を上回ったら
印刷部数を増やして、
寄贈数を300冊から500冊くらいまで
増やそうかと思っています。

たくさんのご支援ご協力お待ちしています!

 

詩太

4 件のコメント

  • うーたさん、こんにちは
    素敵なアイディアですね
    思いの詰まった大切な本ですから、
    心を受け取って読んでくれる人に届くといいですね✨
    この本に手にして、
    キラッキラッの笑顔を見せるたくさんの人の姿が目に浮かぶようです

  • 前回の、最後の最後に届け方が…という部分に、うーたさんの気持ちが伝わりました。

    次回作と、会議が有意義な物になりますように、応援させてもらっています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    詩太 / u-ta

    詩太(うーた) 詩人・アーティスト あとりえ~温~ 代表 1987年生まれ 北九州市在住 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』 『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』 ということを目標に、表現・活動を行っている。 また、元保育士の経験を活かし、 子どもの将来を支える幼少期の[意欲・好奇心]に火をつけるため【書×こども】という活動を行っている。 死ぬまでにどれだけの人に感動・喜び・温もりを与えられるか挑戦中。