「偽善者」とか

 

「良い人のまま生きるのきつくない?」とか

 

「全部ブランディングの為でしょ?」とか

 

今まで色んなこと言われて来て

 

 

 

それでも、

 

迷いながら曲がらずに

 

人に対して優しくし続けてきたのは

 

綺麗事を語り続けてきたのは

 

 

 

 

人の気持ちに知らん顔して

 

冷たくする事よりも、

 

優しくする事の方がずっと難しいから。

 

 

 

「人や自分」をあきらめる事よりも

 

信じて伝え続ける事の方が

 

ずっと難しいから。

 

 

 

その難しい方を選んだ方がきっと

 

人として美しく生きられるから。

 

 

 

 

別にどう思われたっていいけど、

 

自分はこれからも

 

人に優しくし続けるし

 

綺麗事を語り続けていくと思う。

 

 

 

 

一緒に活動する仲間も

 

そんな優しい人達だけでいい。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

詩太 / u-ta

詩太(うーた) 『ヒト・モノ・コト』を『詩・絵・言葉』に変換して伝える詩人・アーティスト 1987年生まれ/福岡県北九州市出身/元保育士 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』ことを目標に、表現・創作活動を行っている。 著書:▪️うたう いきものずかん(2016年)▪️うたう ものことずかん(2017年)