墨絵乃詩『Hands』

hands
墨絵乃詩『Hands』 /  詩太

どんな物(こと)でも

みんなで持てば

楽になる。

 


 

その一言から浮かんだイメージは、
手のひら支え合う家族の姿。

自分の左手をじーっと観察しながら
墨だけで絵を書きました。

力強くもあり
たくましくもある。
だけど、弱さも感じる。

そんな手。


20150604_195611~2

言葉は、
墨絵とは違うガラスの層に綴った。

当たり前の言葉だけど
なかなか家族を頼れない人もいるはず。

でも、きっと、
弱点を補う為に家族がいるんだ。

 

 

2015.6/6 詩太

hands

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

詩太 / u-ta

詩太(うーた) 『ヒト・モノ・コト』を『詩・絵・言葉』に変換して伝える詩人・アーティスト 1987年生まれ/福岡県北九州市出身/元保育士 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』ことを目標に、表現・創作活動を行っている。 著書:▪️うたう いきものずかん(2016年)▪️うたう ものことずかん(2017年)