MENU
キムラシンゴ/shingo kimura
作家名:詩太(うーた)
詩人/アーティスト
福岡県出身、1987年生まれ。

6年間保育士として勤務後、詩人・アーティストとして独立。「穏やかな時間」をテーマに、詩や絵や言葉や架空の旅人の物語の創作・表現活動をおこなっている。活動は、アクリル画・デジタルペイント・詩・壁画などの創作、県内外での個展開催、詩集出版、題字制作、ライブペイント出演、講演、子ども向けワークショップ開催など様々。

明日を望まぬどこかの君へ

たまにはさ
雲を追っかけて時間忘れて
学校サボったっていい。
 
ふたをした瓶の中では
火は消えてしまうでしょう?
 
君の火が燃え続けられる場所は、
きっと“そこ”以外にもある。
 
人が決めた「絶対」は
君にとっての「絶対」ではない。
 
君が今歩んでいるのは
君の為の人生だ。
 
見上げてごらん
 
今日も君を包む空は綺麗だ。
 

【雲の気持ち】
 
空を曇らせるのは
強すぎる日差しから
君を守りたいから
 
雨を降らせるのは
君を一人で
悲しませたくないから
 
いろんな形に
姿を変えるのは
いつも君に
上を向いて
歩いてほしいから。
 
2017.8.31
 
詩太

詩人が作る今までにない図鑑《第2弾!》
モノ・コトの想いが詰まった【ものこと図鑑】

クラウドファンディングに挑戦中です!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Share it

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください