たまにはさ
雲を追っかけて時間忘れて
学校サボったっていい。
 
ふたをした瓶の中では
火は消えてしまうでしょう?
 
君の火が燃え続けられる場所は、
きっと“そこ”以外にもある。
 
人が決めた「絶対」は
君にとっての「絶対」ではない。
 
君が今歩んでいるのは
君の為の人生だ。
 
見上げてごらん
 
今日も君を包む空は綺麗だ。
 
【雲の気持ち】
 
空を曇らせるのは
強すぎる日差しから
君を守りたいから
 
雨を降らせるのは
君を一人で
悲しませたくないから
 
いろんな形に
姿を変えるのは
いつも君に
上を向いて
歩いてほしいから。
 
2017.8.31
 
詩太

詩人が作る今までにない図鑑《第2弾!》
モノ・コトの想いが詰まった【ものこと図鑑】

クラウドファンディングに挑戦中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

詩太 / u-ta

詩太(うーた) 詩人・アーティスト あとりえ~温~ 代表 1987年生まれ 北九州市在住 『詩とArtで人の心と人生(日々)を豊かにする』 『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』 ということを目標に、表現・活動を行っている。 また、元保育士の経験を活かし、 子どもの将来を支える幼少期の[意欲・好奇心]に火をつけるため【書×こども】という活動を行っている。 死ぬまでにどれだけの人に感動・喜び・温もりを与えられるか挑戦中。