詩太のポケット詩集

「うーた」 × 「 ヒト・モノ・コト」で生まれる詩と物語

*

「 エピソード 」 一覧

ぼくは、不完全人間18号である。

《うたう いきものずかん》 全96ページ公開します!たくさんの人に届いてほしい!

“かもしれない”という余白に浪漫と夢を描く~一羽の鳥とおじいさんの物語~

詩人なのに「詩集」ではなく「図鑑」を作ろうと思った理由~その2~

詩人なのに「詩集」ではなく「図鑑」を作ろうと思った理由~その1~

『普通の事』はあっても『普通の人』なんていないってお話。

story【絆】生後2ヵ月の息子とSIDS(乳幼児突然死症候群)で突然のお別れ。その時、家族が残したかったもの。

詩展in京都「明日のための京のうた」レポート~開催決定から開催までの軌跡を長々と~

story【言葉が残す一生の傷と一生の支え】京都で出逢った大工さんが教えてくれたこと

【詩展(うーてん)の原点】~詩展の目的は、作品を売ることじゃない。~

story『16枚のポストカード』~5歳の少女が教えてくれた“今”と“命”の大切さ~

Story『命につけた名前』~生まれるということは、それだけで奇跡なんだ。~

片羽の蝶々

Story『片羽の蝶々』と詩展での忘れられない出来事

【活動報告】詩展「彩々-iroiro-」を終えて。感想と気付きとこれからの展望を長々と・・・

「変わるべきところ」と「変わってはいけないところ」~お客さまからのメール~

  2015/08/10    activity, エピソード,

one

詩展タイトル決定までのウラ話 「One」→「彩々-iroiro-」

手

『ささくれ』この手は心臓に繋がっている

言葉の温度

story『言葉の温度』

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。